タイで就職が決まったら

晴れて現地就職が決まったら、まずは情報収集からはじめましょう。またタイ国の歴史、地理や文化。習慣、国民性など勉強は必須。外国人がその国に滞在するのだから相手国をよく理解し、敬意をはらうためにも常識として最低限の知識を習得していきましょう。住居への引越し準備、業者の手配、部屋を借りる、国際運転免許の取得、予防接種、日本の携帯電話の解約、現地の携帯の取得など細々したことがあります。まずは住居に関しては、日系企業で就職すると会社が用意している場合も多く自分で探し必要はさほどないといえます。

また個人で探す場合は、タイは邦人相手の不動産業者も多く、特に心配ないといえます。生活面以外で手続きしていた方がよいのは住民票です。タイでも他国でもそうですが海外で就職をする場合、住民票は基本的に抜いて大丈夫です。住民票を抜くということは「日本国に住んでいない」という意味になりますが、戸籍がなくなるわけではありません。海外転出届を出した場合は前年度収入に課税される市民税の支払いは免除されます。もちろん海外滞在期間の市民税の支払い義務はありません。住民票を抜いたら、保険と年金は国民年金は住民票にリンクしているため、住民票を抜くと国民保険は利用できなくなり、国民年金の支払いは任意になります。住民票を抜くことによって国民保険の利用ができなくなりますが、海外で会社に雇用される場合、ほとんどの場合はその会社が国民保険の代わりとなる保険を現地で負担してくれるようになります。保険は日本で入っている保険を見直した方がよいかも。とにかく、突発的な事故などに困らないようにしておくことが重要です。現地ビザさえあれば、現地の保険に加入することができます。備えあれば憂い無し。日本ではないのでしっかりとした準備が必要です。

タイでの面接

海外で就職する場合の一番の課題はやはり言語の問題があります。タイ語ができれば一番問題はないのですが、大企業の現地法人などになると、英語は必須です。現地の言葉ができなくても英語ができれば、ほぼ大丈夫とも言えます。まれに日本語しかできなくても、採用してくれる会社もあるにはあります。最近は飲食店のあいつぐタイ出店もあり、日本語で採用という会社も多数あります。

海外就職で一番のハードルは現地で面接を受けるか、日本国内で面接が可能かということになります。国内で受けれれば諸経費もかからないし問題ないのですが、就職希望国で面接を受ける場合は、往復の航空運賃と滞在費が必要となってきます。その点はタイのバンコクへは日本国内より数多くの飛行機便が離発着しているし、LCCという格安航空会社も就航しているので欧米などでの就職活動よりは移動費は安くすむといえます。この他には面接を日本国内でしてくれる場合があります。その方法のひとつが、Skypeや国際電話での面接。これは一次面接に使われることが多いのですが、Skype面接だけで内定が出ることもまれにあります。しかし、内定後は現地に行かないといけないです。さらに、面接担当者か現地法人の社長が日本に来る際に、面接を受ける機会もあります。業種や企業にもよりますが、三次面接くらいまでが一般的な流れです。

一番重要になるのは面接の際に「なぜタイなのか」という動機付けです。
タイ人と結婚されていらっしゃる方や、現地在住の方は特別な理由はないですが、単身で渡泰される方や配偶者が日本人の方は必ずタイの会社を志望した動機が重要になるし、面接時に必ず聞かれるポイントです。次に職務経歴やスキルは採用側も非常に重要視します。そして自分の強みと弱み。何ができるかは最重要点です。成果主義のお国柄なのでまずは即戦力とみなされるかが大事なポイントです。言語は英語ができれば問題ないですが、ネイティブ並みに喋れなくても大丈夫です。タイ語でコミュニケーションがとれたら職場では円滑なコミュニケーションがとれるでしょう。採用されるためには、面接官を納得させるだけのしっかりした理由を自分なりに考えて面接にはのぞんで下さい。

タイでの就職活動に際して

就職活動で渡航する場合は、就職活動に必要な事をあらかじめ日本にて準備しておく必要があります。まずは求人募集をよく調べておく必要があります。

また国内人材会社でタイに支店がある会社に登録するなど、企業情報は集めておいたほうがよいです。また語学に不安がある人は、渡航する前に日本で英会話のレッスンを受けておくのもよいでしょう。現地ではタイ語ができなくても採用する企業は多いですし、英語力もネイティブ並みに喋れる必要はありません。しかし、面接時には自己紹介や志望動機は英語で喋る必要があります。もし会話力に自信がないのであれば、会話の特訓をして渡航することをおすすめします。続いて渡航費用などの経費です。面接は現地で実施されることがほとんどなので、渡航はしないといけない場合が多いからです。まずは面接を何社受けるかを想定して、滞在日数から滞在費を割り出しておかないといけません。また別途航空運賃もあります。最近はLCCなどの格安航空も就航し交通費も格段に安くなったとはいえ、滞在の目安は1~2週間としてもある程度余裕の資金を持って行くのがのぞましいでしょう。

国際クレジットカードを作ったり、国内の銀行で海外で出金できる銀行カードを作っておくのもよいでしょう。また海外渡航の際の保険にも入っておきましょう。この保険は事故だけではなく、鞄などの紛失時にも保証されるサービスも付帯されていますし、不測の事態にそなえられます。現地に着いたら日本で集めた情報以外にもたくさんの情報が手にはいるといえます。だから、空いた時間には現地の人材会社に登録するなどで、さらに就職面接先の間口を広げることもできます。渡航費用をかけて面接にのぞむという事で、企業採用担当者も求職者に対してやる気を感じています。現地に滞在し活動することで面接のオファーがくることもあるので、ぜひとも準備は入念にし、自身の渡航時期などのタイミングも考えながら就職活動をして下さい。