タイで就職する方法

タイで日本人が仕事を探す場合は、まずタイかもしくは、日本国内にある人材紹介会社に登録するという探し方です。

またタイのバンコクには数多くのフリーペーパーがあります。掲載されている求人広告を見て応募する方法。インターネットでの求人探索方法。または現地在住の知人からの紹介やコネクションという場合もあります。

労働許可や社会保障、福利厚生面などを考えると、あまりおすすめはできませんが、タイは東南アジアでも最多の邦人が在住している国。バンコクのスクンビットのエリアは多数の日本人が居住していることから日本人地区ともいわれ、飲食店が無数にあります。店前の日本語による求人の張り紙などから飛び込みで探す方法もあります。日本人には比較的に仕事を探しやすく、見つけやすい国ともいえるでしょう。現地での採用、雇用形態は日本人がタイで就職する場合は、「派遣社員」ではなく基本的に「正社員」もしくは「長期契約社員」での「現地採用スタッフ」として採用され、給与は、現地通貨(バーツ)で支払われます。一日の実働時間は8時間の会社がほとんどで、特に工場での勤務は、午前8時または8時半から始まる場合が多く、バンコクから郊外へ通勤する場合は、早朝に自宅を出る必要があります。

また、バンコク市内の会社は、土日ともに休みの会社が増えてきていますが、工場での仕事の場合、土曜日勤務の会社が多いのが現状です。給料は、原則として、毎月1回、現地通貨で銀行振込にて支払われます。タイは日本より物価は安いですが、給料の相場は、単純に日本円に換算し日本の相場と比較すると低くなります。生活費は日本と比較するとかなり低く、 暮らしやいといえますが年々タイも物価が上昇しています。

タイ人の大卒の初任給の相場が、1万~1万5千バーツ位ですが、日本人は職種にもよりますが相場は6万~10万バーツといわれています。入国ビザは会社によっては、全額負担してくれる場合もありますが本人が負担するケースが多いです。ただし、入社後のビザ更新等に関しては、会社が負担する場合も。

ワークパーミット(労働許可証)は通常、費用は会社が全額負担するケースが多いです。また日本でいう福利厚生はタイでは会社によってことなりますが、大きな企業や日系企業は、社会保険、労災、民間健康保険、年次休暇などを制度として整えているところも多く、東南アジアの国の中でも日本並みに安心して働ける国だといえます。

タイ現地での採用状況について

タイの経済成長とともに邦人採用枠は年々採用基準が高くなり、採用件数に関してはここ数年は横ばいというのが現状です。

東南アジアの成長とともに求人が伸びることを期待されていたが、期待ほど伸びなかったいうのがここ4年くらいの傾向です。

採用傾向としては、経験値、スキルが同じでタイ語を話せる日本人と、日本語を話せるタイ人を比べた場合、タイ人を選ぶという企業が増えています。業種にもよりますがタイの急激な経済成長中であった15年前は日本人だからという理由だけで即採用でした。現在の求人状況は以前とは全く違います。しかし、IT関連やウェブなどの分野は日本同様に広く人材が募集されており、その分野では求人需要は多くあります。また営業職は、多岐分野にわたり広く募集されています。業種でいうと製造、サービス業が5対5の割合いです。求人案件が多い順から製造業、流通、商社、建設業、ITです。他にはエンジニア系などで、技術系の場合、工場の品質管理、生産管理、金型設計、電子基板の設計開発系技術者。ITエンジニア。また税務や会計、管理などの基幹業務を行う人材等が全体の2割ほどです。最近の傾向としては、タイの発展とともにアジア統括拠点の責任者という求人もあります。タイを拠点にアジア展開を考える企業が増えています。また外資系のタイ進出などでや海外で経験が あることを重視し、タイを拠点に活動してくれる人材を探しているが即戦力扱いなので厳しく評価されます。完全な成果主義といえるので、社会経験がない方はきついかもしれません。

しかし経験が豊富な方も同様です。とにかく成果を出さないと評価はされない完全能力主義といえます。最近は飲食チェーン店の出店があいついでおり、店舗管理候補などの分野も増えてきています。成果主義のお国柄ゆえ、実績や経験をかわれての即戦力採用が多いため、採用した側も結果を求めます。タイといえばのんびりというイメージですが、実情は他国と一緒で能力主義の国です。これからタイで就職を考える方は自分のスキルや経験にもとづいて、自分が出来ること、できない事をはっきりさせる事が後々の就職活動や採用面接時に重要になってくるといえます。